人気の職業・整体師になるために資格を取ろう

将来のために

聴診器

医療従事者として働くことを意識して行動しましょう。どのような学校に行き、何を意識して過ごすのか。これによって卒業後の自分は大分変わるでしょう。是非、今後のためになる学校に通い、働いている自分を想像し意識しながら学校生活を送ってください。

もっと見る

専門職として勉強

二人の女性

看護のことを勉強するには、大学で勉強をする方法と専門学校で勉強する2種類に大きく分けられます。それぞれ期間が異なり、費用や勉強する範囲も変わってくるので自分の希望に合っている学校を選ぶのがポイントです。

もっと見る

民間が認定

中年男性

様々な種類

整体師の仕事は脊椎や手足や骨盤など身体の関節や骨格にズレがあったり、歪んでいる箇所を整えることです。整体師によく似た鍼灸師や柔道整復師などは、国家資格が必要になります。これらと比較して整体師は、国家資格ではなく民間資格となります。そして整体師と言っても様々な資格があり、古流柔術や骨法などの流れをくむ手技などの整体法から欧米から伝わったカイロプラクティックやオステオパシーなどがあります。一般的に整体師になるには民間の専門学校や通信講座を受けて、スキルを身につけてから仕事をすることが大半です。講座の期間もごく短期間の講習から、2年ほどの間をかけてじっくりとスキルを磨いていく学校もあります。そして整体師は整体院などに勤めることもできるし開業する人もいます。

通学と通信

整体師になるための専門学校や通信講座を修了すると、認定証が発行されますが開業や勤務には必ず必要と言うわけではないです。しかし講座を受けることで整体師としてやっていくための知識や技は一通り身につき又対外的な信用も上がります。整体学校の形式も個人の整体師が教えている塾形式のところから、校舎に半年から2年の間通学する本格的なスクールなど様々です。また単発の講座を実施している整体師の先生もいます。本格的な整体スクールの場合費用は期間にもよりますが、40万円から200万円くらいとまちまちです。さらに学ぶ学校によって教わる技術も異なり、一定の基準があるわけではないのです。資格を取得することは役立ちますが、プロとして継続していくにはさらなる努力が必要になります。

おすすめサイト

  • TERADA医療福祉カレッジ

    しっかり勉強を行なって心理学の資格がとりたいと考えているならここで申し込みの手続きを行なうようにしましょう。
  • 整体師になれるスクール特選サイト

    国家資格となっています。整体師の資格を取得したいと思っているならサイトに記載されている情報を確認してみるといいでしょう。
  • 臨床福祉専門学校

    3年間で実践的なことが身に付けられます。理学療法士学校なら、実際の現場を想定した講義を行なうので、将来的に役立ちます。
  • 看護医療進学ネット

    医療の学校を紹介しているサイトでは、職業から簡単に検索することができるようになっています。気になることがあればチェック!
  • 呉竹鍼灸柔整専門学校

    即戦力としてすぐに働くことができますよ。鍼灸マッサージのスキルを手に入れたいなら専門学校に通って学びましょう。

日本の健康を担う人間に

男性と女性

診療放射線技師は放射線を使ったCTスキャンやレントゲンといった検査を担当する専門職で、この検査結果を受けてお医者さんが診断をくだすことを考えるとかなり重要な役職だと言えます。この診療放射線技師になるためには国家試験をパスする必要があり、そのためのルートには専門学校に行くなどさまざまなものがあります。

もっと見る

このエントリーをはてなブックマークに追加